◆ワイヤレスコミュニティ無線ルータのしくみ

ワイヤレスコミュニティネットワークではバッファロー社のフリースポットルータを用います。

利用する製品
FS-G54 FREESPOT導入キット
2.4GHz・54Mbps 無線LANBroadBandルータ
フリースポットルータの主な機能
@無線LANと有線LAN(4ポートHUB)との通信を分離した無線ルータです。
 無線LANのSSIDは『FREESPOT』(デフォルト設定)です。これを、お客様に開放します。
 業務用パソコンは有線LANに接続、無線LANからアクセスされる心配がありません。
 有線LANに一般の無線機器(セキュリティを施し)をつなげば、業務用として無線も活用できます。
A初期URLを指定できます。
 この初期URLをコミュニティワイヤレスネットワーク用サーバに指定し、、このアクセスポイントの利用に先立ち、この地点での地域観光情報やお店の案内を行います。
BSYSLOGサーバを指定することで、アクセス回数が把握できます。
C営業時間をタイマーで設定でき、自動的にON/OFFする機能を有します。
コミュニティワイヤレスサーバは、このサービスを提供している店舗等の紹介と、初期ホームページを管理します。



参考・・・・・・・・・・
次期バージョンのFREESPOTルータ
次期バージョン(平成20年秋以降を予定)では、主に次のような機能を有します。
@SSIDを二つ有し、1つはお客様に開放します。もうひとつは、その店で利用します。
 相互のパソコン間ではセキュリティが保たれます。
 もちろん、これまでどおり有線のethernetポートも有します。
A同時に多数のメール送信を制限し、スパムメールの配信を防止します。
Bメールアドレスによる簡易認証機能を有します。